インフォメーション
  • 2020/12/24 RELEASE
  • 2020/12/24 UPDATE

【Press Release】<年末年始の巣ごもりに最適>SNSで大好評!おうちでかんたん韓国料理をお取り寄せ。「うちべジbyベジテジや」より、韓国で話題の『チュクミサムギョプサル』販売スタート!

「サムギョプサル専門店ベジテジや」(運営:株式会社ゴリップ)が展開する本格サムギョプサルのお取り寄せブランド「うちべジbyベジテジや」は、12月23日(水)より待望の新メニュー『本格チュクミサムギョプサルセット』をはじめ、大幅に商品ラインナップを追加いたしました!

 

 

  • 〔累計2,000食突破!〕Instagramで話題!“袋を開けて、焼くだけ”おうちで簡単サムギョプサル!
「うちベジbyベジテジや」は、2020年6月より立ち上げたお取り寄せ韓国料理の専門ブランド。
コロナ渦でお取り寄せ商品に注目が集まる中、「おうちで手軽に韓国を体験できる」と販売開始直後よりInstagramを中心にSNSで話題となり、看板メニューの「本格サムギョプサルセット」はこれまでに累計2,000食を突破!
「うちべジ」のサムギョプサルセットは、①買い足し不要・包丁/まな板いらず!②袋を開けて焼くだけ!③おひとり様1,375円~とコスパ抜群!
「おうちでカンタンに本格料理が楽しめる!」「この価格でこのボリュームはコスパいい!」「後片付けも楽ちん!」と、家族を支えるママさんや韓国好きの女性からも、大変好評いただいております。

▼お客様の声(Instagram)
https://www.instagram.com/vegetejiya/tagged/

鮮度にこだわるから賞味期限はあえて2日。お店のクオリティそのままにチルドキットでお届け。

鮮度にこだわるから賞味期限はあえて2日。お店のクオリティそのままにチルドキットでお届け。

買い足し不要で袋を開けて焼くだけの便利さが大好評!

買い足し不要で袋を開けて焼くだけの便利さが大好評!

 
  • 〔新メニュー登場!〕ぷりぷり食感がクセになる『チュクミサムギョプサルセット』
「チュクミ」とは、韓国語で「イイダコ」のこと。特製のピリ辛のたれを絡めたイイダコと、名物センサムギョプサルを豪快に炒めた韓国料理です。まずはそのままイイダコのプリプリな歯ごたえを楽しんで。次に、ベジテジやオリジナルの“女性の手のひらサンチュ”と、生キムチ、もやしナムルなどと包めば、食感も味も変わってさらに美味しくお楽しみいただけます。

ぷりぷり食感がクセになる『チュクミサムギョプサル』

ぷりぷり食感がクセになる『チュクミサムギョプサル』

そのままでも、サンチュに包んでも〇

そのままでも、サンチュに包んでも〇

 

  •   あともう一品…!お客様のご要望に応えて追加メニューの注文が可能に!
これまで『うちべジ』シリーズは、3~4人前セットのみ販売しておりましたが、「お肉を増やしたい、トッピングの追加をしたい」というご要望が多く寄せられたため、単品メニューの追加注文が可能になりました!
お肉一枚から自由にサムギョプサルセットをカスタマイズすることで、お召し上がりいただく人数に合わせたご自身だけのサムギョプサル体験をお楽しみいただけます。

 
  • うちべジお品書き
■『ベジテジやのサムギョプサルセット』:5,500円(税抜)
■『チーズタッカルビ&センサムギョプサルセット 』:5,500円(税抜)
■『チュクミサムギョプサルセット』:6,000円(税抜)
*送料無料!
*各セット3~4名様分
*各セットにもれなく付属(※各4名様分)
⇒割りばし/フェイスパック/お楽しみノベルティ(撮影グッズ)/ベジ豚シール

【サムギョプサル専門店ベジテジや】

サムギョプサル専門店ベジテジやは、2006年に京都で創業。「包まぬ豚は、ただの豚。」をコンセプトに、定番から変わり種まで種類豊富なサムギョプサルとトッピングで、包み方10,000通り以上を楽しめるサムギョプサルを提案。“包む”にとことんこだわり、包みやすさと柔らかさにこだわった「女性の手のサンチュ」は契約農家から産地直送&食べ放題でご提供。2020年12月現在、日本国内7店舗、台湾4店舗を展開中。


『うちベジ』公式サイト:https://uchivege-by-vegetejiya.com
『ベジテジや』公式サイト:http://vege-teji.com/
Facebook:https://facebook.com/vegeteji/
Instagram:https://www.instagram.com/vegetejiya/
Twitter:https://twitter.com/vegeteji

※PDFはこちらから
https://prtimes.jp/a/?f=d14852-20201224-5053.pdf